居酒屋の注文端末機のメリットについて

最近の居酒屋はこんなに便利!

MENU

居酒屋の注文端末機のメリットについて

居酒屋で、なかなか店員が注文に来てくれなくてイライラしたなんて経験はありませんか?
特に混雑時になると、店内が忙しいのは分かりますが、なかなか注文に来てくれません。

 

そのため、お酒のグラスやおつまみのお皿が空になってしまうと、手持ち無沙汰になってしまい、場のテンションも盛り下がってしまいます。
「すいません」と大きめの声をかけても、騒がしい店内では、店員の耳まで届きません。

 

ですが、そんな時に注文端末機があれば、非常に便利です。
最近では人件費削減や、売上アップの効果を狙い、導入している居酒屋も増えてきています。
八重洲にある個室居酒屋は立地もありそういった店舗ばかりです。

 

注文方法はスマホと同じで、タッチパネルの指示に合わせて、注文したいおつまみの画像を触るだけですから、とても簡単です。
それに、注文の聞き間違いや店員のミスで間違った注文が届く事もなくなります。
注文を聞いて、厨房に通す手間がなくなるため、注文してから届くまでの時間も短縮する事ができます。

 

そして最近は日本に観光に来ている外国人の間でも、日本の居酒屋は非常に人気があります。
居酒屋の店員のほとんどは、学生アルバイトですから、語学が苦手だというアルバイトも少なからず存在します。

 

ですが、注文端末機器なら多言語切り替え機能が備わっています。
そのため、英語圏以外にも中国や韓国など、日本語が通じない人でも、注文端末機器があればスムーズに注文する事が可能です。
他にもいろいろな機能があり、品切れマークで品切れの商品が一目瞭然ですし、新商品のPR動画を流す事も可能です。

 

お店側にとっても、客側にとっても、注文端末機器の導入はメリットが多いと言えるでしょう。